最新記事一覧

働き盛りの病気

食事

頭痛や嘔吐がある

日常生活で活動の低下がわかるようになってきたり不眠による疲労回復が見込まれないこと、思考力や集中力の低下もあると決断力もなくなってしまいます。身体の不調はいきなり起こるものではなく、いつの間にか進行していて気がついたときには病院だったということも少なくありません。もちろんだからといって毎回病院で検査はできませんが、少しでも病気リスクを回避するためには起こりやすい疾患を理解しておくことは必要です。働き盛りのサラリーマンに多い疾患では脳腫瘍があり、軽い頭痛から始まって嘔吐や目のかすみにもなってくると危険かもしれません。このような脳腫瘍を気をつけるにはどのような症状があるのかを理解し、また日常で対処方法を知ることでリスク回避をすることができます。まず頭蓋骨の内側からの圧迫によってダメージを受けるのですが、これは脳腫瘍が次第に巨大化することで危険度が増してきます。朝起きると頭痛が激しくなっていることがあるのは睡眠中が脳内圧迫が強くなっているからですが、嘔吐が出るようになると専門病院を受診することです。小発作をおこすケースもありますが、まれに脳腫瘍で、てんかん発作をおこす人がいますのですぐに病院へ運ぶことがベストな選択となります。どんなに強い人でも個人で対処できるレベルではありませんので、もし頭痛がひどくなったり嘔吐があるようだと、脳腫瘍が悪化する前にすぐに病院への移送を開始しておくことです。

Copyright© 2019 長い付き合いとなる糖尿病だからこそ、美味しく食べたい All Rights Reserved.