最新記事一覧

選ばれた理由

味噌汁を飲む人

色々な特徴

下肢静脈瘤の治療は下肢静脈瘤治療に拘った、下肢静脈瘤血管内焼灼術実施・管理委員会から指導医として認定された名医がいる病院があります。この名医委は心臓外科医としてストリッピング手術や高周波血管内焼灼術、レーザー焼灼術など下肢静脈瘤に関係する治療に習熱しています。患者の悩みや希望に応じて名医の豊かな経験と知識、確かな技術を基に患者1人ひとりに適した治療方法で対応しています。正しい診断と治療方針の決定のために名医として最高の診断機器を採用しています。また病院での手術の特徴は痛みを少なくしていることです。高周波カテーテルを使った血管内焼灼術はメスを使う治療法ではありません。他にも痛み止めの注射にも気を配り注射針は非常に細いものを使用しています。そのため痛みは針を刺す一瞬の間です。患者が眠っている間に手術が終わってしまうこともこの病院の特徴です。患者の希望により下肢静脈瘤手術に関しては静脈麻酔で鎮静します。この病院で行う全ての手術は入院の必要が無い日帰り手術です。手術を受けたその日に帰ることができるので、治療費の負担が少ないことも特徴です。さらに平日は忙しくて通院が難しい患者のために隔週の日曜診療も行っています。病院の建物の内装にも拘りがあり、ホテルのような快適空間を実現しています。これは患者が折角治療を受けるため病院を訪れるなら快適な空間の方が良いという考えからです。機能重視の面は拒めませんが、居心地の良い空間を目指しているようです。

Copyright© 2019 長い付き合いとなる糖尿病だからこそ、美味しく食べたい All Rights Reserved.