最新記事一覧

食事

後遺症を少なくするために

脳梗塞の後遺症を少なく抑えるために大事なことは、リハビリ運動をキチンと行うことです。最近は発症直後から行うことが多く、回復率も高くなっています。また自宅では安心出来る暮らしをするために、バリアフリー化も必要になります。
食事

働き盛りの病気

脳腫瘍は朝起きると頭痛がしたり嘔吐がでてくることで疑いのある症状といえますので、すぐに病院へ連れていくことです。小発作をおこすケースもありますし、まれにてんかん発作をおこすこともあるので家族は注意が必要となります。
食卓

足の調子が悪い場合

足などがむくんでしまった場合には、下肢静脈瘤の疑いも考えておいた方がよいでしょう。この場合自力で直すことはかなり難しいため、病院に行くことが必要になります。病院の中にいる名医にお願いをすれば、適切な判断をしてくれるでしょう。
味噌汁を飲む人

選ばれた理由

下肢静脈瘤血管内焼灼術実施・管理委員会より指導医として認定された、名医の施術は痛みも少ないことが特徴で日帰り手術が可能です。また最高の診断機器を採用していて隔週の日曜診療も行っています。そしてホテルのような快適空間の病院です。
家族の食卓

治すときの保険について

下肢静脈瘤をきちんと治したいのなら、名医がいて、手術が受けられる病院を選択するようにしましょう。なお、保険が利用できる手術と利用できない手術があるので、しっかりと説明を聞いてから下肢静脈瘤を治すことをおすすめします。

バランスや調理にこだわる

女性

病気の緩和

甘いものを食べ過ぎたら糖尿病になる、味気ない病院食生活が続くなど、世間一般的に誤った印象があるようです。もちろん、発症すると完治でなく長く付き合っていくことになるのが糖尿病の特徴でもあります。血糖値が高い状態では、血管が傷ついたり、血液がドロドロになったり、どうしたって身体の巡りをよくする血管への負担が心配になります。ですから、糖尿病治療では「食事・運動・薬物療法」が提案されていて、健全者となんら変わらない生活を送れるように医師らがサポートします。糖尿病の食事は、入院中となる病院食ならば、栄養士による栄養バランスが図られ、調理師による適した調理法によって安心・安全な食事が提供されます。糖尿病も重度でないのなら、食べていけないものはなく、栄養バランスや適正摂取エネルギー量に抑える、そうした糖尿病の食事を実践するだけです。糖尿病の食事では、何よりも「高血糖」の予防がポイントになるでしょう。三大栄養素をバランス良く摂りながら、 ビタミンやミネラルを積極的に摂取します。しかし、男性で独り身ならば、なかなか調理が難しいでしょう。今は、病院が監修している糖尿病の食事本であったり、定期的に仕出し弁当を届けてくれるサービスなどが利用できます。香辛料や香味野菜によって塩分控えめでも美味しいことも評判で、加える食塩を減らし、あんに味を集中させて塩分をカットする裏ワザ調理もあります。脂質を抑えてカロリーカットなどにより、食べながら健康面にもしっかり配慮ができる仕組みです。

オススメ記事

食事

後遺症を少なくするために

脳梗塞の後遺症を少なく抑えるために大事なことは、リハビリ運動をキチンと行うことです。最近は発症直後から行うことが多く、回復率も高くなっています。また自宅では安心出来る暮らしをするために、バリアフリー化も必要になります。
食事

働き盛りの病気

脳腫瘍は朝起きると頭痛がしたり嘔吐がでてくることで疑いのある症状といえますので、すぐに病院へ連れていくことです。小発作をおこすケースもありますし、まれにてんかん発作をおこすこともあるので家族は注意が必要となります。
食卓

足の調子が悪い場合

足などがむくんでしまった場合には、下肢静脈瘤の疑いも考えておいた方がよいでしょう。この場合自力で直すことはかなり難しいため、病院に行くことが必要になります。病院の中にいる名医にお願いをすれば、適切な判断をしてくれるでしょう。

Copyright© 2019 長い付き合いとなる糖尿病だからこそ、美味しく食べたい All Rights Reserved.